スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末競馬においての血統分析3 

---阪神<芝>・年末開催(12月)得意種牡馬---

年末の阪神と言えば、世界の一流騎手の競演「ワールド
スーパージョッキーズシリーズ」ですよね。
ゴールデン(スパー、ホイップ、サドル、ブーツ)トロフ
ィーの4競走ポイント制で順位が決められます。

今年(05年)の海外招待騎手として
エドガー・プラード(米)、ラファエル・ベハラーノ(米)、
マイケル・キネーン(愛)、キーレン・ファロン(愛)、
ステファン・パスキエ(仏)、ダレン・ビードマン(豪)、
リース・イネス(新)、ダグラス・ホワイト(香)
の8名。
JRAからは、武豊、横山典弘、藤田伸二、中舘英二、
福永祐一の5名。
地方代表騎手として兵庫の岩田康誠
が出場します。

今まで詰めの甘かった馬が、派手なアクションで追われ
鋭い末脚で勝利したり、脚質転換で新たな一面を引き出
され快勝したりと毎年騎手の腕でこんなに変わるの?と
驚かされます。

 そこで、騎手によって化けるかも知れない、この時期
の阪神コースが得意な血統をある程度判別できないかと
思い分析してみました。
●阪神芝の年末開催(12月)における評価最上位(得意)種牡馬

・サクラローレル
・エンドスウィープ
・コジーン
・キングマンボ
・ティンバーカントリー
・サンデーサイレンス
・ニホンピロウイナー
・スキャン

という結果がでました。(分析方法は下記)
さて、以上の種牡馬に共通点がないかと探ってみると、
以下の共通の血があることが分かりました。

○Sir Gaylord
・ニホンピロウイナー(父父父[4]6.25%)
・コジーン(母父父[4]6.25%)

○Mr. Prospector
・エンドスウィープ(父父[3]12.50%)
・キングマンボ(父[2]25.00%)
・ティンバーカントリー(父父[3]12.50%)
・スキャン(父[2]25.00%)

Mr. Prospector系が半分を占めています。また、それ以
外の種牡馬には、血量は少ないですがSir Gaylordが、
該当しました。これらの血はこの時期の阪神コースと相
性が良いと言えそうです。

★年末競馬中山<芝>・得意種牡馬の分析

★年末競馬中山<ダート>・得意種牡馬の分析

★年末競馬阪神<ダート>・得意種牡馬の分析

★年末競馬中京<芝>・得意種牡馬の分析

★年末競馬中京<ダート>・得意種牡馬の分析

>>競馬blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

===分析方法===
・2000~2004年まで5年間のデータを使用した。
・種牡馬の芝全連対数の上位約75%のデータを採用した。
・全連対数における阪神競馬場(12月)での連対数の割合
で巧拙を判断した。
・種牡馬によって阪神競馬場(12月)での巧拙があり、割
合が 正規分布すると仮定し、五段階評価法にて判別した。
(巧:5>4>3>2>1:拙)


●参考書籍

推計学のすすめ―決定と計画の科学

Excel97/98で始めるビジネス統計入門
スポンサーサイト



競馬ブログ 競馬予想・馬券術 競馬blogランキング
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umasen.blog23.fc2.com/tb.php/80-9191c07b


オンライン競走馬育成シミュレーション【競馬伝説Live!】
1日10分!基本プレイ0円で、気軽に楽しめます。
全国のユーザー馬主と対戦しながら頂点を目指しましょう!


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。