スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05年ジャパンカップダート回顧 

◎10 カネヒキリ →1着

フジキセキ産駒で初の中央GI勝ち。だが、当馬は母父
Deputy Ministerの影響が強いようです。
翌日(2005/11/27)の東京7Rダ1400mで
1着 ヴィフォルテ(父デヒア)
2着 ゲイリーリボルバー(父Touch Gold)
とDeputy Minister系の2頭で決まるレースがあったこ
とから、今の東京ダートとの適性の差がハナ差勝利とな
ったのではないでしょうか。

○05 タイムパラドックス →4着

レコードタイムの0.2秒差なら、衰えは見られない。

▲13 ジンクライシス →12着

出遅れ。 距離も長かったか。

△03 サンライズバッカス →5着

リアルシャダイ産駒は、この時期(10,11月)の東京ダート
(00-04年)で連対が0回だったので当馬の母父リアルシャ
ダイが気になったのですが、母父になると連対8回あり、
普通でした。ヘネシー産駒はまだデータが少ないのですが
当馬といいコパノフウジンといい産駒の活躍が目立ちます。


>>競馬blogランキングへ
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umasen.blog23.fc2.com/tb.php/74-2dddb066


オンライン競走馬育成シミュレーション【競馬伝説Live!】
1日10分!基本プレイ0円で、気軽に楽しめます。
全国のユーザー馬主と対戦しながら頂点を目指しましょう!


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。