スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2006年アルゼンチン共和国杯回顧】暖冬の今年は野芝が強い!? 

【2006年アルゼンチン共和国杯結果】
馬名 性年 斤量 騎手 タイム
1 6 9 トウショウナイト 牡5 57.5 武士沢 2.31.0 1
2 3 4 アイポッパー 牡6 58 横山典 2.31.0 2
3 4 6 ドラゴンキャプテン 牡5 51 石神 2.31.1 6
4 4 5 チェストウイング 牡5 54 田中勝 2.31.4 3
5 5 7 トウカイトリック 牡4 56 ルメール 2.31.5 5

 アルゼンチン共和国杯(2006年11月5日)は1番人気トウショウナイト
が2:31.0のタイムで優勝しました。今回注目した点から回顧したいと
思います。

 終わってみれば、荒れる重賞も1、2番人気でハンデ斤量の重い
上位2頭の1、2着という結果で、ハンディキャッパー、馬券を購
入したファン(私以外の…orz)の目利きを感じた一戦でした。

 今回注目した、10,11月の種牡馬別連対率ですが、全く的外れで
した。その要因として、東京競馬場改修後の(2003年以降)の同レー
スを比べると今年の時計が一番早く、例年のような馬場状態ではな
いと考えられます。以下は私の仮定ですが、今日の東京の気温は
20℃あり、11月に入っても日中汗ばむ暖かさです。どうもこの
暖冬の影響で、例年より野芝の枯れが遅く、洋芝の影響が弱いので
はないでしょうか?
 よって、イネ科で地下茎が横に張りコースが痛みにくい特性があ
る野芝の影響の強い今年は、コースが固いことで時計が早く、且つ
例年活躍する洋芝適性のある種牡馬の産駒が苦戦しているのかもし
れません。
 また、時計が早いことでは京都の芝はより顕著で、阪神の代替開
催もあったことでコースを固めているのかもしれませんが、今日は
京都も23℃の気温だったことから同様に野芝の影響が強い結果な
のではないでしょうか。

◎トウカイトリック→5着

【2006年アルゼンチン共和国杯予想】種牡馬の連対率に注目すると


的中予想、注目レース、各馬成績、映像…競馬のことなら【BIGLOBE競馬】

競馬ブログ 競馬予想・馬券術 競馬blogランキング  
スポンサーサイト



競馬ブログ 競馬予想・馬券術 競馬blogランキング
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umasen.blog23.fc2.com/tb.php/437-10622b29

アルゼンチン共和国杯(2006年)回顧【血統フェスティバル】

1~5着馬の血統を見ながら【アルゼンチン共和国杯】を振り返ります。
  • [2006/11/05 22:49]
  • URL |
  • 【血統フェスティバル】blog |
  • TOP ▲

◎☆結果2006.11.05

 日曜日の【軸馬◎と妙味☆】予想結果と【アルゼンチン共和国杯】と【ファンタジーS】などの感想を簡単に。
  • [2006/11/05 23:46]
  • URL |
  • 競馬SevenDays |
  • TOP ▲

オンライン競走馬育成シミュレーション【競馬伝説Live!】
1日10分!基本プレイ0円で、気軽に楽しめます。
全国のユーザー馬主と対戦しながら頂点を目指しましょう!


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。