スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2006年キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS】ハーツクライの日程について 

年月日 動向 日本時間 現地時間
2006/6/1 放牧先の山元トレセン(宮城県)から栗東に帰厩    
2006/6/12 第1回登録    
2006/7/9 検疫に入る    
2006/7/13 国内最終追い切り
6F77.6秒(Cコース)
3:30~  
2006/7/15 栗東を出発→関西空港 18:30発  
2006/7/15 出発 関西空港(KZ554便) 23:15発  
  経由 アンカレジ(米国アラスカ州)    
2006/7/16 到着 スタンテッド空港(英国) 16:26着 8:26着
2006/7/16 出発 スタンテッド空港(英国) 17:45発 9:45発
2006/7/16 到着 滞在先ニューマーケット ルーカ・クマーニ厩舎    
2006/7/17 軽く曳き運動   午前中
2006/7/18 クマーニ厩舎の屋根付走路で曳き運動、速歩、軽めのキャンターと合計で1時間程度の運動    
2006/7/19 ロングヒルを1本キャンターで駆け上がる    
2006/7/20 ロングヒルをキャンターで1本流す    
2006/7/21 1ハロンを16秒程度のペースで走るよう指示をして、ロングヒルを1本、キャンターで駆け上がる   7:00~
2006/7/22 ロングヒルをキャンターで1本   7:00~
2006/7/23 到着後最初の軽い追い切り
ロングヒルを馬なり、5Fをゴールに見立て、1F14秒(半マイルを55~56秒)の指示で追い切り
  7:00~
2006/7/24 追い切り後ということで、曳き運動で体をほぐす   7:15~
2006/7/24 出馬確認の申請を済ます    
2006/7/25 ロングヒルをキャンターで1本   7:00~
2006/7/26 最終追い切り
ロングヒルにて5F追い切り(残り2Fで先行した馬に併せて先着)
  6:20~
2006/7/27 厩舎構内にて並足、速足の運動(約1時間)   6:30~
2006/7/28 ウォーレンヒル(5F)をキャンターで1本   7:00~
2006/7/29 ニューマーケットを出発(当日輸送)   5:00発
2006/7/29 アスコット競馬場に到着(輸送時間2時間10分)   7:10着
2006/7/29 キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドS 24:20
[30日0:20]
16:20
2006/7/30 軽い運動   8:00~
2006/8/2 出発 ヒースロー空港(英国) 23:51発 15:51発
2006/8/3 到着 成田空港(JL6402便) 11:20着  
2006/8/3 競馬学校(千葉県白井市)検疫厩舎に入厩 13:50着  
2006/8/4~8/8 5日間の輸入検査     
2006/8/8 動物検疫所より「馬パラチフス抗体検査」において検疫期間を延長される    
2006/8/12 再検査により「陰性」が確認され、解放許可が出される    
2006/8/14 社台ファーム(北海道千歳市)へ移動 3週間の着地検査を受ける    
2006/10/11 山元トレセン(宮城県)経由で栗東トレセン橋口厩舎へ帰厩    
2006/11/26 ジャパンカップ 出走予定    
※2006/10/12現在

●【2006年第56回キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS出馬表】
GI・英国・アスコット競馬場・芝・右・1マイル1/2=約2414メートル
5R・3歳上・定量・1着賞金42万5850ポンド=約9198万円
馬 名 性齢 所属 騎手 調教師
6 マラーヘル 牡5 イギリス R.ヒルズ M.スタウト
5 チェリーミックス 牡5 UAE K.マカヴォイ S.B.スルール
4 ハリケーンラン 牡4 フランス C.スミヨン A.ファーブル
3 ハーツクライ 牡5 日本 C.ルメール 橋口弘次郎
2 エンフォーサー 牡4 イギリス M.ドワイヤー W.R.ムーア
1 エレクトロキューショニスト 牡5 UAE L.デットーリ S.B.スルール
※2006/7/26発表
※枠の順序は日本とは逆で、内枠から大きい数字の枠番順

●【2006年第56回キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS結果】
馬 名 性齢 騎手 タイム オッズ
1     ハリケーンラン 牡4 C.スミヨン 2:30.3 1.8
2   エレクトロキューショニスト 牡5 L.デットーリ 1/2 5
3     ハーツクライ 牡5 C.ルメール 1/2 4
4   エンフォーサー 牡4 M.ドワイヤー 1 3/4 51
5   マラーヘル 牡5 R.ヒルズ 1 1/2 15
6     チェリーミックス 牡5 K.マカヴォイ 1/2 51

<備考>

■凱旋門賞(仏G1)は回避を発表(2006/6/28)

凱旋門賞まで日程を延ばすと遠征期間が60日を過ぎ、帰国時の着
地検査の期間が3カ月となり年内の国内での出走が不可能になるこ
ととディープインパクトと再戦するならジャパンC(2006/11/26)
や有馬記念(2006/12/24)でとオーナーサイドの吉田照哉氏から。

■英国滞在厩舎変更(2006/7/5)

ジェフ・ラグ厩舎からルーカ・クマーニ厩舎へ変更。
ハーツクライの吉田照哉オーナーが、今年(2006年)のイタリアオー
クスを制したしたディオニシアを購入し、同厩舎へ預託することに
なった縁によるもの。
ルーカ・クマーニ厩舎は昨年(2005年)のジャパンCをアルカセット
で勝っており、その時のハナ差2着がハーツクライだった。

■アスコット競馬場について(2006/7/12)

アスコット競馬場はドバイと異なりアップダウンあって芝も深いと
聞いていますが、昨年芝を改修したことで凹凸は無くなっていると
聞いています。(橋口調教師談)

■Cコースでの国内最終追い切り(2006/7/13)

栗東坂路コースが馬場改修工事のため閉鎖され、Cコースでの追い
切りとなった。

■ニューマーケットの調教場 ロングヒルについて(2006/7/19)

ロングヒルの印象は、栗東と美浦の坂路を足して2で割ったような
感じでしょうか。きつ過ぎず、かといって楽でもなく、馬にとって
は適度な運動になったと思います。ウッドチップと違って蹄跡が残
らないため、常に馬場状態が均一に保たれていることに感激しまし
た。クッションが効いていて本当に乗り心地が良かったです。馬の
脚元にも優しそうですし、トレセンにもこういった馬場があったら
嬉しいですね。(鎌田調教助手談)

■輸送後初めての馬体重計測は鞍をつけた状態で500kg超(2006/7/20)

調教後にC.ブリテンきゅう舎で輸送後初めて体重を量りました。
輸送減りするタイプなので少し気になっていたのですが、鞍をつけ
た状態で500キロ超と思っていたよりあったので一安心していま
す。(橋口調教師談)

■トップ50ワールドリーディングホース中の
KGVI&QEDS主な出走予定馬(2006/7/20)
Ranking Rating Apt Surface Horse Trained
1 125I Turf Hurricane Run(IRE) FR
7 123I Dirt Electrocutionist(USA) UAE
7 123L Turf Heart's Cry(JPN) JPN
13 120L Turf Maraahel(IRE) GB
※The World's Leading Horses 1st January to 10th July 2006

■Godolphin Timeform Rating
HORSE RACE DETAILS Timeform Rating
ELECTROCUTIONIST 25 March 2006 NAD AL SHEBA Dirt 1 1/4m 127
Dubai World Cup Sponsored By Emirates Airline (Group 1)
CHERRY MIX 6 October 2005 MILAN Turf 1 1/2m 119
Gran Premio Del Jockey Club (Group 1)
BELENUS 16 July 2005 NEWBURY Turf 1 1/4m6y 109
David Wilson Homes Steventon Stakes (Listed) (1)
BELENUSについては
Smith Brothers Conditions Stakes(YORK, UNITED KINGDOM)
JULY 27TH 2006
にもENTRIESがある模様
※2006/7/25現在

■英国到着後、最初の追い切り内容(2006/7/23)

ロングヒルを5ハロンまで馬なりで駆け上がり、傾斜のきつくなる
その先からブレーキをかけつつ残りを流す形で1本追い切る。

■ルメール騎手について(2006/7/24)

怪我(12日にフランス競馬で落馬、くるぶしにひびが入る負傷)の状
態が心配されたルメール騎手は、今週木曜(7/27)のシャンティで復
帰し、金曜日(7/28)のアスコットではクマーニ厩舎の馬で2,400mの
レースに出走する予定。(Racing Post紙)

■出馬確認登録馬(2006/7/24 12:00締め切り時)
馬 名 性齢 所属 主な成績 WH
ハリケーンラン 牡4 フランス 05年仏G1凱旋門賞 2
エレクトロキューショニスト 牡5 UAE 06年ドG1ドバイワールドC 3.25
ハーツクライ 牡5 日本 06年ドG1ドバイシーマC 4.5
マラーヘル 牡5 イギリス 06年英G2ハードウィックS 21
エンフォーサー 牡4 イギリス 05年英G3ダーレーS 26
ソーピーデインジャー 牡3 イギリス 06年英G2プリンセスオブWS 26
チェリーミックス 牡5 UAE 04年仏G1凱旋門賞2着 51
ベレノス 牡4 UAE ――――― 67
※「WH」はウィリアムヒルのオッズ(ブックメーカー)2006/7/25時点

■最終追い切りの併せ馬(2006/7/26)

併せ馬の相手は準重賞級で戦っている短距離馬とのこと。
馬主への配慮からクマーニ調教師が特定することを拒否。

■装鉄師が渡英(2006/7/27)

有馬記念とドバイシーマクラシックの2回、ハーツクライの鉄を担
当した装蹄師の西内荘氏がレース2日前に勝負鉄を打つために現地
入りした。

■ルメール騎手について2(2006/7/28)

キングジョージ初挑戦のルメールは28日にアスコットの芝240
0メートル戦で"試走"の予定だったが、騎乗せず本番に専念する
ことに。

■エレクトロキューショニスト、アクシデントに見舞われる(2006/7/29)

エレクトロキューショニストが、この日朝になってコズミが出たら
しく、出走回避するかもしれないとのニュースが入ってきた。出走
か回避か、陣営はギリギリまで協議を重ね「レース直前、発走地点
まで行ってデットーリ騎手に判断を任せる」という、日本では考え
られないような決断を下した。

■スミヨン騎手、ムチ多用で騎乗停止(2006/7/29)

キングジョージは最後の直線でのムチの使用制限(連続6回まで)
を超えたことにより勝ったハリケーンランのC・スミヨン騎手は英
国競馬で6日間(8月9~14日)の騎乗停止。2着エレクトロキ
ューショニストのL・デットーリ騎手は戒告の処分を受けた。

■2006キング・ジョージVI&クイーン・エリザベスDS レース情報

施行場:アスコット競馬場
施行日:7月29日(土)
距離等:12ハロン(約2,400m)・右回り
賞金総額:750,000ポンド
負担重量:3歳牡・せん約55キロ、4歳以上牡・せん約60.5キロ、牝馬1.5キロ減
第1回登録:6月14日(水)正午 ※登録料2,625ポンド
※7月11日以降登録を継続する場合:継続登録料3,000ポンド
出馬確認:7月24日(月) ※出馬確認料1,875ポンド
出馬投票:7月27日(木)午前10時
☆追加登録:7月24日(月)正午 ※登録料70,000ポンド


2006キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS衛星生中継

【放送予定】放送局:グリーンチャンネル
放送日時:7月29日(土)23時45分 ~ 25時 [30日(日)1時]
※発走時刻によっては、放送時間を変更する場合があります。

ぬいぐるみS - ハーツクライ 2006DubaiSheemaClassic
■サイズ 約25cm
■材質 ボア(アクリル)
アバンティー
スポンサーサイト



競馬ブログ 競馬予想・馬券術 競馬blogランキング
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umasen.blog23.fc2.com/tb.php/307-588edaf7

ハーツクライ キングジョージ出走馬確定

いよいよ今週末は、英・アスコット競馬場でキングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(英G1)が行われる。
  • [2006/07/25 22:40]
  • URL |
  • 競馬SevenDays |
  • TOP ▲

2006年【キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS】出走予定馬の血統

【キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS】近5年の1~3着馬の血統から注目馬を探します。今年の出走予定馬の血統も掲載。
  • [2006/07/26 08:07]
  • URL |
  • 【血統フェスティバル】blog |
  • TOP ▲

オンライン競走馬育成シミュレーション【競馬伝説Live!】
1日10分!基本プレイ0円で、気軽に楽しめます。
全国のユーザー馬主と対戦しながら頂点を目指しましょう!


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。