スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2006年皐月賞回顧】 

第66回皐月賞(2006年4月16日)は6番人気メイショウサムソン
が1:59.9 のタイムで優勝しました。気にしていた天候も1~7R
までは「小雨」、8R以降「曇」でしたが、1日通して芝「良」、
ダート「稍重」の馬場状態でした。

●今年と過去10年の皐月賞馬
開催年月日 天候 馬場 優勝馬名 タイム
2006/04/16 メイショウサムソン 1:59.9
2005/04/17 ディープインパクト 1:59.2
2004/04/18 ダイワメジャー 1:58.6
2003/04/20 小雨 ネオユニヴァース 2:01.2
2002/04/14 ノーリーズン 1:58.5
2001/04/15 アグネスタキオン 2:00.3
2000/04/16 エアシャカール 2:01.8
1999/04/18 テイエムオペラオー 2:00.7
1998/04/19 セイウンスカイ 2:01.3
1997/04/13 サニーブライアン 2:02.0
1996/04/14 イシノサンデー 2:00.7

○メイショウサムソン→1着

良馬場でも週中の降雨や7Rまで続いた小雨でやや渋った馬場が
味方したと思います。その馬場で2分を切るタイムは、過去10年
の皐月賞馬と比べても優秀ですが、オペラハウス産駒ということで
テイエムオペラオーと重ねて考えると、ダービーではオペラオー
同様に後方待機の末脚鋭い(特にサンデーサイレンス産駒)馬の相手
関係を考慮に予想する必要がありそうです。

◎アドマイヤムーン→4着

4角外を廻ったコース取りが届かなかった敗因とは思いますが、前
走の弥生賞ゴール前で外にヨレたことからそうせざるを得なかっ
たのではないかと思います。また、上がり3F34.8秒は、2着に負
けた阪神のラジオたんぱ杯2歳Sと同じで、前走の弥生賞でもほぼ
同じ34.7秒だったことと、東京の共同通信杯では33.9秒の自身最
速のタイムで勝っていることから小回りコースよりは東京向きで
ダービーでも有力候補だと思います。

▲ジャリスコライト→7着

休み明けだった分、0.7秒差ならそれほど悲観する内容ではなさそ
うです。東京でのいちょうSで見せた上がり3F33.3秒からこちら
も東京コースで一変がありそうです。

===単勝3点買いの場合、1点買い相当のオッズ=======

14.5倍(メイショウサムソン)
2.2倍(アドマイヤムーン)
13.6倍(ジャリスコライト)

(1/14.5)+(1/2.2)+(1/13.6)=約0.6
1/0.6=約1.7

1点買い相当のオッズは 1.7倍でした。

=============================


>>競馬blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

●参考書籍

推計学のすすめ―決定と計画の科学 【Amazonでのレビュー

Excel97/98で始めるビジネス統計入門 【Amazonでのレビュー
スポンサーサイト



競馬ブログ 競馬予想・馬券術 競馬blogランキング
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umasen.blog23.fc2.com/tb.php/200-5e36a160

2006年皐月賞回顧【血統フェスティバル】

1~5着馬の血統を見ながら【皐月賞】を振り返ります。
  • [2006/04/17 10:12]
  • URL |
  • 【血統フェスティバル】blog |
  • TOP ▲

オンライン競走馬育成シミュレーション【競馬伝説Live!】
1日10分!基本プレイ0円で、気軽に楽しめます。
全国のユーザー馬主と対戦しながら頂点を目指しましょう!


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。